引越しのポイント

 新居が決まれば、次はいよいよお引越し。あとから「しまった!うっかりしていた!」ということがないよう、引越しのポイントをご紹介します。
ポイント1 引越し業者の決定(新居決定後すぐ)
●引越しの日取りを決めましょう。
●引越し方法を考えましょう。
●引越し業者に見積を依頼(ネットなどで概算見積が可能)
※複数の業者から見積りをとって決めるが、ここで作業員の人数の確認をしておくこと。
●不動産会社(管理業者)または家主さんに退居報告
※退居予告後の一定期間(通常は1ヵ月)家賃が発生するので、その確認もお忘れ無く。
●荷造りの開始
※1ヵ月前には引っ越し先の間取り図をもらって家具の配置を描き込んでおきましょう。持っていくもののリストなどを作り、絶対に必要なものからレイアウトして、不要なものはリサイクルショップなどへもっていくのもいいでしょう。
ポイント2 諸手続の準備(1ヵ月前〜)
 行政への手続きや会社への連絡など、引越しに関する手続きはたくさんあります。チェックシートなどを使って抜かりの無いようにしましょう。
●行政への連絡(転出、転入・国民健康保険、児童手当などの手続き)
●ライフラインへの連絡(ガスや電気、水道、電話など)
●郵便局への転居届
●その他、各種契約業者への転居通知
※転出前と転出後に行う作業がありますのでしっかりと調べて抜かりの無いようにしましょう。
※手続きに必要な書類などを事前に確認しておき、二度手間にならないようにしましょう。
転出に伴う各種手続一覧
転出関係 窓 口 必要書類等
賃貸借契約の解約届け 不動産業者(管理業者)・家主 解約通知書
不用品、粗大ゴミ等の廃棄の手配 市・区・町・村または、業者等  
公共料金等の銀行口座振替の中止届け 取引銀行 印  鑑
通  帳
銀行口座の住所変更 取引銀行 印  鑑
通  帳
電気・ガス・水道の利用中止手続 各営業所  
電話の移転 NTT  
住所転出届 (転出する)市区町村役所 印 鑑
国民健康保険証
(加入者)
印鑑登録の抹消 (転出する)市区町村役所 登録印鑑
国民健康保険 (転出する)市区町村役所 印 鑑
保険証
転出証明
福祉関係
(児童手当・年金等)の
手続
(転出する)市区町村役所 必要書類
印 鑑
転出証明
郵便物の転送手続 現住所の所管郵便局 転居届
新聞の解約・精算 新聞販売所  
転入に伴う各種手続一覧
転入関係 窓 口 必要書類等
電気・ガス・水道の利用手続 (転入する)各営業所  
住居転入届 (転入する)
市区町村役所
印 鑑
転出証明
通転免許の住所変更 (転入する)所管警察署 新住民票
免許証
写真(他県より転入の場合)
自動車の登録変更 (転入する)
所管陸運事務所
車庫証明
印  鑑
新住民票

車検証
自賠責保険証明書
公共料金自動振替え手続
(電気・ガス・水道・電話)
金融機関 新居での領収書
通  帳
印  鑑
クレジットカードの住所変更 クレジット会社  
各種保険の住所変更 保険会社等  
転校届(小・中学校) (転入する)市区町村役所 在学証明書類一式等
[BACK]